学校は日々のこととして通学していたところであって、それはそれで学校ではあるけれども、できたら成績の似たようなクラスメートと一緒に過ごすのではなくて、ばらつきのあるクラスで過ごすほうが面白いなと思っています。かたやクラスのトップのほうにいて、そこで偏差値で分けて偏差値の高い学校に行ったらクラスの中で下のほうで過ごすことになります。それなら、前のクラスのほうがよかったなという気がします。なにしろトップレベルのほうで君臨できるのであるから。 偏差値が高いところへいくと、下のほうに位置して勉強をしても順位が上がらないし、気分的にいえばもっと偏差値の低いところで十分という気がします。 といっても、もうすでに進学して卒業したあとの祭りであって、いまさらどうすることもできません。勉強なんてせずにもっと遊びほうけた学校へいったほうが、いまごろ無茶ぶりが社会人にとっては有益な方向へ動いたかもしれません。偏差値がすべてではないです。